不倫相手から慰謝料ってとれるの?

不倫相手

あなたがもし不倫をした場合、慰謝料を請求されることは覚悟してください。

そうなることは、不倫のリスクとして常につきまとうものです。

そして、あなたが旦那や妻といったパートナーに不倫をされたときには、精神的苦痛の解消として、慰謝料の支払いを請求することは悪いことではありません。

不倫の慰謝料の設定とは

不倫の慰謝料の設定を知っていますか。

不倫の設定としては、ます相場として50~300万とも言われています。

この値段の幅は、別居していない場合、別居した場合、そして離婚した場合となっており、やはり離婚した場合には一番高い相場となります。

また、離婚したときに別れたパートナーに親権を取られた場合には、パートナーに養育費の支払いの義務が生じます。

さらに不倫が長く続いていた、不倫を何回も繰り返す、不倫相手に子どもができなどだと、苦痛があるからとさらに慰謝料が増えるのです。

そんな慰謝料は不倫相手からとれるのか?

慰謝料は不倫相手からとれるのか?

不倫の発覚とともにやはり慰謝料は考えないといけない問題です。

そんな慰謝料を旦那や奥さんといったパートナーからとるのもありますが、やはり相手からとりたいというのが本音です。

不倫相手に慰謝料を請求することは基本的に可能です。その場合には、弁護士に相談してどうするかの流れを確認しておきましょう。

また、不倫相手に慰謝料を請求して、それで謝罪と支払いがあればいいのですが、ない場合にはやはり裁判になるかもしれません。裁判にした場合、不倫の証拠も必要になったり、さらに裁判が長くなったり、費用もかかるなど、請求することは本当に大変なのです。

しかし、不倫による苦痛なのでしっかりと請求することは必要です。

「不貞行為が異性の愛人の誘惑によるものか、自然の愛情によって生じたものかは関係なく、不貞行為自体に違法性があるとして慰謝料の請求を認めています。」

(引用元サイトは、離婚知って得するマニュアルより。記事は浮気相手に対する慰謝料請求より)

慰謝料請求の手続きとは

084_196_hw0_z.jpg

まずは交渉による方法です。その方法も、文書による方法のほうが、後々裁判になった場合の証拠やトラブル防止にもなります。文書による交渉であれば、口のうまい相手に乗ることもなかったり、言いくるめられることとないので、文書による請求がいいかもしれません。

それでも請求に応じない場合に、裁判になります。この場合には、弁護士をつけて、訴訟を起こします。

このときには、あなたの主張と不倫相手の反論などをへて、進められます。しかし、大抵は裁判所が和解案を出すなどして、結果が決まることになります。慰謝料請求を考えた場合には、そのやり方も覚えておきましょう。

とはいっても必ずしも慰謝料は、とれるものとはかぎりません。請求についてはまずは、弁護士などに相談してみましょう。

参考サイト→不倫サイト